2017年 01月 28日

年末年始Sさん釣行 その4

e0098148_06163206.jpg
Sさん釣行のレポート最終回です。
まずは、あんまり素晴らしい魚なので、もう一度UP。
74cm。10ポンドを軽々とオーバー。(ニュージーランドでは、10ポンド=約4.5㎏を超える魚がトロフィー・サイズ。)
体高、幅、どれをとっても完璧なプロポーションの、ブラウンの王様です。

そう。テ・アナウ4日目の釣行が、この魚が釣れた日で、Sさんのお誕生日でした!
Sさんの大好きなOreti Riverの最上流部。
もうこれ以上上流に魚はいないんじゃないだろうか?というくらいの場所でした。
プールに流れ込む瀬の流心近くで、ライズ!
その時までは、その魚がこれほどに大きいとは思いもしませんでした。本当に、ライズで魚のサイズはわかりません。

ロッドは4番。
ティペットは5X。
フライは、ライズに合わせて#18のフローティング・ニンフ。

フィーディング・レーンをとらえたフライが魚の目の前へ流れ下っていくと、水面直下から鼻先を出すか出さないかくらいのわずかなアクションを見せて、フライを吸い込みました。
一呼吸置いたフッキングは完璧。
底へ、底へと向かう、とにかく重く力強いファイト。
幸いだったのは、プールの規模が小さく、魚が流れに乗って走り回るようなスペースがとても限られていたことだったと思います。
そして数分の格闘の後、浅瀬に引きずりあげるようにしてランディング。(これが、大型魚の一番安全なランディング方法です。)
あまりの大きさに、Sさんも私も唖然。
そして、歓喜!!!
大の大人が、二人しておおはしゃぎ!!!

最高の魚、最高の釣り、最高のロケーション。
この一匹は、まさにSさんのニュージーランド通いの集大成。
一生の思い出に残る魚であり、1日であったことでしょう。
ガイドとして、私もこんな場面に出会えたことが嬉しくてなりませんでした。


e0098148_18471549.jpgそして、最終日。
前日の興奮はそのままに。
もう心は満たされているので、雨交じりの曇り空+強風のコンディションではありましたが、最後もSさんお気に入りのOreti Riverへ、「釣れなくても全然問題なし。」の楽~な心構えで向かったのです。

相変わらず魚たちは神経質。
午前中は低活性。
おまけに曇り空で魚を見つけづらいことといったらありません。が、そこはガイドの腕の見せ所。
強い風とも戦いつつ釣り進んでいくと、正午を過ぎたあたりから魚の活性が上向きになりました。

瀬でフィーディングをしているやる気のある魚だけを相手にします。
ニンフィングは、サイト・ニンフィング。
インジケーターも、このハイ・プレッシャーでは魚を警戒させるだけなので、つけません。
ドライは、できるだけフライ先行で、ナチュラル・ドリフト。

まずは、大きなプールに流れ込む瀬の脇にいた奴を、執拗に攻めて粘り勝ち。

お次は浅瀬に定位して捕食を続ける奴を、サイドからニンフをそーっと流して、一発で。

さらにその次は、やっぱり浅瀬で捕食する奴を、ビートル系のドライで、これまた一発。
それまでの間、すっぽ抜けやバラシが2~3回。

そして最後は、これまた浅瀬に定位する奴に、ニンフをしっかり食わせて見事にキャッチ。

e0098148_18472369.jpgなんと、気楽に臨んだ最終日に4尾をゲット!
この川のこの条件下では、これ以上は考えられないというくらいの好釣果になったのです。
そしてこの川らしく、どれもが60㎝オーバー。
それでも前日の釣りの余韻の中から抜け出すことは全くなかったと思いますが、今釣行を締めくくるすばらしい釣りでした。

これでSさんの年末年始の釣行は終了。
川から上がった数時間後には、機上の人となっていたSさんです。
長い帰国の途も、きっと魚の写真を何度も見返して、ニヤニヤしていたことでしょう。笑
ということで、Sさん、それではまた次回!3月に!?


以上で、本当にバラエティ豊かで素晴らしい成果にも恵まれた、年末年始の釣行のレポートは終了です。

さて、その後ですが、天候が今シーズンは不順です。
夏のはずなのに、全然暖かくならないどころか、異常低温。
雨も風も、ひどいものです。
しかしその分プレッシャーは和らいで、魚の数もコンディションも上々。
いつのことかわかりませんが、これからちゃんとした夏が来たら、けっこう楽しめそうですよ。
マッチング・ザ・ハッチの釣りが最高に面白い4月は、まだまだガイドのご予約大丈夫です!
あと!気が早いと思われるかもしれませんが、来シーズンの年末~2月の釣行をお考えの方は、どうぞお早めにご相談下さい。ガイドのご予約はもちろん、宿も今から埋まっていきます。1年前でも全然早過ぎません!








[PR]

by nzsanpei | 2017-01-28 07:04 | 釣り日誌 | Comments(0)


<< 真夏      年末年始Sさん釣行 その3 >>