Angler's Notes from Southern Alps

sanpeiinnz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 08日

ルートバーン・トラックのトレッキング①

先日(もちろん、仕事で)同行した9日間のハイキングツアー。
何といっても行程の目玉は『ルートバーン・トラック(Routeburn Track)』でした。
このトレッキング・コースは人の手がほとんど入っていない、世界遺産に指定されている大自然の中を歩く、全行程約40km、2泊3日のコースで、世界的に有名な山歩きのコースとして知られています。日本で「世界一」なんて紹介される『ミルフォード・トラック』と並んで、世界中の山好きたちを魅了してやまないコースとなっています。南島サザンアルプス一帯は、こうしたトレッキングにおいても釣りと並んで世界の最高峰にあるのです。トレッキングしながら釣り、なんてことも場所によっては出来てしまうのです。
今回はそのトレッキングの様子を少し映像でご紹介。

e0098148_12482439.jpg
このコースの魅力は、何といっても変化に富んだ自然を楽しめる、というところ。左は、1日目の行程の中間地点くらいにある「イアーランドの滝(80m)」
このような滝は遠目にもたくさんあらわれます。山全体が岩盤で水を吸わないので、雨が降るとさらに滝の数も水量も増し、時にはゆうに落差数百メートルのものまで現れることもあります。

ちなみにこの周辺は多雨地帯。年間降水量が5,000mm近くに達します。この日は朝から小雨混じりも、視界良好でなかなかの好条件でした。







このコースは、森林限界線(標高約1,000m)前後を歩くことが多いのです。比較的標高の低いところに見られるブナ(といっても、日本のブナとはかなり趣が違います)の森⇒森林限界に近い低木の森⇒森林限界上の豪快に切り立った山の風景⇒滝の数々・・・・と、景色は刻々と変化していきます。
e0098148_12565184.jpg

ちなみにこの周辺の森は、極端な雨量の多さのために「雨林」に位置づけられます。世界でも最も冷涼な環境にある「雨林」で、世界的にも非常に珍しい植生になっています。

左は、このコース中に見られる森林限界に近い典型的な森の様子。深く苔むした森がどこまでも続きます。







e0098148_1365169.jpg
眼下に見下ろすHollyford(ホリフォード)渓谷。この渓谷沿いにも有名なトレッキング・コースがあって、こちらのコースではトレッキング&フィッシングができます。超大物のチャンスもある川です。

もちろん歩くための道と山小屋以外は、道路も何もありません。
実はここの世界遺産は、総面積約260万ヘクタール。ニュージーランドの国土の約1割にも及び、そこがほとんど手つかずのまま残されているのです。
すごい!ニュージーランド!!     つづく
[PR]

by nzsanpei | 2006-12-08 13:25 | NZの生活一般 | Comments(0)


<< ルートバーントラックのトレッキング②      11月5日 Caples River >>