Angler's Notes from Southern Alps

sanpeiinnz.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 10日 ( 1 )


2017年 11月 10日

11月6日 マタウラ川上流域

e0098148_09445658.jpg
月曜日。
怪我した足の復調度合いのチェックも兼ねて、いつものマタウラ川上流域へ足を運びました。
少し低温気味なので、もう終盤の春のメイフライのハッチ&ライズの釣りに出会えないものか、との期待。
これで、だいたいシーズンの遷移がイメージできるのです。

午後2時。
何も起こらず。
見える魚もそれほど多くなく、川は沈黙。

3時。
ちらほらと、メイフライの姿が。

3時15分。
フラットなプール中央部では何も変化がないかのように見えたのですが、流れ込み付近の複雑な流れの中で、ライズ発見。
良く見ると、そのすぐ上流側でもライズ。

フライを#18のイマージャーにして、まずは第1投。
魚の視界の中には入ったはずのフライでしたが、通過。
どうやらフィーディングレーンはとても狭いもよう。
そして、第3投。
5cmとずれずにフィーディングレーンをフライがとらえたら、しっかりと魚が反応してくれました。
コンディション抜群の、50cmくらいのブラウン。上の写真の魚です。
まずは、やれやれ、といった感じ。

次の魚は、1匹目がいた場所の2mくらい上流。
水面に覆いかぶさった柳の枝の直下という、難しい場所でした。
柳ギリギリに落としたとしても、魚までのドリフト距離は30cm足らず。ここの魚たちは、これではなかなかフライを食べてくれません。
柳の枝葉のちょっとした隙間にフライを送り込んで、なんとか80cmくらいドリフト距離が得られるので、柳を釣ることは覚悟の上で、トライ。
10投目くらいだったかな。
フライがうまく隙間に入って、葉の下を流れて、それでも魚のフィーディングレーンからは10cmくらいずれていたのですが、食べに来てくれました。
ジャンプを数回しつつ、なかなかのファイトの末に手元に寄って来たのは、1匹目と同じような良いブラウンでした。

そして、ライズをしていたのはこの2匹と、他に1匹のみ。
3:45にハッチは終了。ライズも終了。釣りも終了。

釣った魚は2匹でも、とても意味のある半日でした。
狙い通りの釣り方で釣れて、そして春のメイフライの時期がそろそろ終わりに近づいていることがよくわかった、というわけです。
ということは、この後晴天が数日続くような状態が2度ほどやって来れば、夏風味のテレストリアルのドライの釣りが始まりそうです。
ということで、現在過渡期。
その日その時の状況に、いかに釣り方や考え方をマッチさせることができるか?が勝負になります。







[PR]

by nzsanpei | 2017-11-10 10:02 | 釣り日誌 | Comments(0)