<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 08日

6月5日 冬のクルーサ川

e0098148_11574851.jpg


真冬になりました。
寒いです。
が、そんな中、それでも釣りをしたいなかなか通なお客様をご案内しました。
朝の気温は-4℃。
河原の木々がびっしりと霜に覆われていた、快晴の1日。

この時期、釣り場は大河川、大きな湖、中~大河川の河口域に限定されます。
こういった広々とした場所の釣りは、慣れていないとつかみどころがなくて難しいものです。
しかしそんな中でも、比較的小さな川のサイトフィッシングを楽しめる場所にご案内しました。
ここは、ニュージーランド第2の大河「クルーサ川」の分流にあたるところなので、正確に言えば「小さな川」ではありません。大きな川の一部。

e0098148_1214457.jpg魚は、それほど多くないながらもちらほらと見つかります。
産卵を意識したブラウンはたいていカップルになって泳いでいます。エサには興味なし!
そのブラウンのまわりには、オレンジ色の珠玉を狙うレインボー。
狙いはこちら。

朝一番。
しっかり狙って、しっかりフッキングに成功しますが、魚の猛ダッシュに対応しきれずラインブレイク!
経験のない方は、魚のスピードと強さに初めは誰でも圧倒されます。

しかしその後が続かない。
やけに神経質な魚たちと、午後に入ってから見える魚の数も減ってきて、その場はあきらめたのでした。

その後は本流にもトライしてみますが、結局その後は魚の反応を得ることはできませんでした。
残念。
当たり外れが大きいのが冬の釣りの特徴ではありますが、今回は朝イチのチャンスをものにできなかったことが、その後の釣りにも影響したようです。

さて、冬シーズンの釣りですが、まだしばらく楽しめます。
人が少なくて、釣り場を独り占めできるのが良い所。
コンディションが良ければ、湖でも川でもサイトで狙えます。
時にはびっくりするような大物も!!
あなたもトライしてみませんか???
[PR]

by nzsanpei | 2016-06-08 12:09 | 釣り日誌 | Comments(0)