Angler's Notes from Southern Alps

sanpeiinnz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 15日

5月14日 マタウラ川下流域

e0098148_18140681.jpg
晴天の月曜日でした。
本当は釣りに出かける予定はなかったのですが、いい感じの天候に我慢ができず、そそくさと準備を始めたのです。
始めは、クイーンズタウンから比較的近くの川に行こうかと、そこに合わせて5番のタックルを用意。
でもいよいよ家を出る時になって気が変わって、慌ててロッドを4番にチェンジ。
そして向かった先が、この時期でもライズ狙いの釣りが期待できるマタウラ川下流域なのでした。

クイーンズタウンはほぼ快晴。
しかし1時間くらい車を走らせると、なんといきなりの濃霧で視界も最悪。おまけに外気温も2℃!
「これはいったいどうなるのかなあ…。」と不安になりつつさらに南下して現地に着いた頃には、空は曇り空ではありましたが比較的明るくて薄日も差し込むくらの状態に。気温は5℃。
「きっと晴れてくるなあ。」と思っていたら、それから30分程でだんだん青空が増えてきて、1時間後にはすっかり晴れていました。
気温も8℃まで上昇。
その時…ある失敗に気が付いたのです。
出発直前にロッドをチェンジしたけれど、リールをチェンジしていなかったことに!!!
時すでに遅し、ということで、4番ロッドに5番のラインの組み合わせとなることが決定!
まあ、それほど問題ないでしょう。笑

さて、狙いは午後のハッチ&ライズです。
ゆっくりランチを食べて、川に降りたのは午後1時。
広いポイントをゆっくり水面を観察しながら進んでいきます。
序盤の瀬のエリアでは、メイフライの姿はまばらでライズは皆無。

そろそろハッチが始まるはずの1:30。
まだ何も起こらず。

そうこうしているうちに、2時。
瀬のエリアの上にある広大なプールのヒラキにやってきたところで、状況は一変したのです。

e0098148_18141555.jpg
パラパラと見られるメイフライの姿。
そして、待望のライズが一つ、二つ…。
安定したライズではありませんが、瀬のエリアとは明らかに異なるムードが漂っているではありませんか!

まずは一番下流側でライズしている魚に的を絞って、キャスティング開始です。
フライはイマージャー#18。
とにかく、動き回る魚の鼻先にフライを持っていくことが肝心。

3投目。
それまで通りのディンプル・ライズでフライが消えました!!
待望の1尾目。
45cmくらいのきれいなブラウンです。

ちなみにマタウラ川下流域ですが、魚の数はものすごく多いのですが、平均サイズは40cmくらいと、他の河川に比べると小さいです。しかしライズの釣りとなると、サイズは二の次。とることが大切。

さて、ここからハッチの量が増え始めます。
もちろん、ライズの量も増加&安定化。
射程圏内には10匹くらいのライズする魚がいました。
一つ狙っていると、それより近い所で別の魚が散発のライズを始めるくらいのライズの濃さです。
こういう時は、的を絞ることが大切。

アップで投げると、リーダーやティペットの影を嫌ってかなかなかフライを食べてはくれません。
クロス、またはダウンクロス気味で投げて、フライ先行で送り込むと反応良し。
と言う感じで、最小は32~33cmくらい。最大は45cmくらいのブラウンたちがテンポ良くフライにアタックしてくれ、ほんの1時間&20mくらい移動する間に合計6匹ゲット。

でも同じ場所、同じ釣り方で釣り続けると、少し面白味を書いてきます。
せっかくハッチもなかなかいい感じなので、さては瀬のエリアでもライズがあるのでは?と、新味を求めて下流に移動。
じーーーっと水面とにらめっこですが、やはりここではライズ無しなのでした。
う~ん…。ということで、思い切って場所移動。そのままヒラキで続けていればまだ釣れたのでしょうが、それだと面白くない。

そうして車で10分くらい上流に移動してやってきたのは瀬のライズポイントです。
メイフライは…? いるいる。
ライズは…? あるある!

ということで、今度は瀬の流れの筋。ごく浅いところでライズをする魚を狙います。
アップクロスで、ライズする魚の50cmくらいにフライを落とす感じ。
釣り方はいたって単純なものです。

ハッチは終盤。ライズも減少。
ということで、ここでキャッチした魚は2匹。
これで釣りは終了となりました。

午後1時から、3時半までの2時間半で8匹。
まあまあの結果ではないでしょうか。
そんな感じで、思惑通りにシーズン終盤のドライフライの釣りを楽しみましたとさ。

さて、5月も中旬を過ぎれば、さすがのマタウラ下流域もドライフライの釣りには厳しくなってきます。
シーズン中にあともう一度は味わいたい釣りなので、頑張ってもう少し持続してくれないかなあ?と願うばかり。
そして5月の釣りが終われば…、いよいよ日本遠征です!!









[PR]

by nzsanpei | 2018-05-15 18:46 | 釣り日誌 | Comments(0)


<< 5月16日 山岳渓流      5月11日 テ・アナウ方面 w... >>