Angler's Notes from Southern Alps

sanpeiinnz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 05日

おばけニジマス

はい。こちら↓です。笑

e0098148_07593814.jpg
マッケンジー地方にいくつかある発電用水路。
人口の水域です。
釣り堀ではありません。
水路には、サケの養殖場があります。なのでそこから逃げ出した脂の乗った美味しいサケが釣れます。
そしてごくまれに、こんな怪物級のニジマスやブラウンが釣れます。
なので、ここがニュージーランドの淡水の釣り場としては一番人気。

先日、友人と美味しいサケを釣りに行った時のこと。そう、漁です。笑
氷点下の気温の中、こんなニジマスが釣れてしまいました。

「どうやったらここまで育つの?」という疑問は誰でも持ちますね。
よーく考えると、答えは見つかります。
人口水域ならではの安定した水量=生息環境。増水も渇水もありません。
プラス、養殖場があることによる富栄養化。
これで、魚だけでなく、水生昆虫やそれ以外の水辺の生き物が爆発的に育つことになります。つまり、エサが豊富。
そしてたまーに流れてくる養殖場のエサ(ペレット)のおこぼれ。
以上が複合的に作用して、魚は急速に成長を遂げるのです。

釣るのは、簡単ではありません。
魚はたくさんいますが、大きい個体ほどなかなか口を使いません。
大物狙いの釣り人は、魚の警戒心が薄くなる夜に重点を置くこともあります。
魚たちは、おなかもあまり空いていません。
エサの取り合いをする必要もありません。
だから、ほとんどの場合、釣りはシビアなものになるのです。
全然釣れないのに、目の前で大きな魚に「ドバーン!」とジャンプを繰り返されるのが常。
ボウズも当たり前。

釣り方は色々です。
私は、もっぱらルアーかワーム。
フライで狙う人もいます。
エサ釣りもアリ。

人口水域とは言っても、人にエサをもらっているわけでもなんでもないので、養殖場から逃げたサケ以外は基本的に天然魚。
ぜひ挑戦したい!という方は、いつでもご案内します!





[PR]

by nzsanpei | 2018-06-05 08:20 | 釣り日誌 | Comments(0)


<< 姫路城直下      5月19日 シーズン最後のマタ... >>